スポーツ

それ行け、メガネ大然マン!前田大然がメガネ姿をメディア初披露?!レアすぎる姿が話題に!

カタールワールドカップで鬼プレスを世界中に知らしめた前田大然。

それ同時に、若くしてスキンヘッドにひげ面とインパクトの大きい風貌だが、

プライベートではメガネをかけたエモい姿を披露しては話題となっています。

そんな注目の前田大然について徹底解説していきます。

高校サッカー「応援リーダー」歴代優勝校一覧!【2023年中村俊輔】全国高校サッカー選手権は101回目の大会となりました。 今大会は、次の100回へ向けてた最初の大会ということもあり、 テーマ...

エモいメガネ姿!動くメガネ姿はメディア初披露?!

前田選手はインスタグラムをやっており、その中では時々メガネ姿を披露していました。

また、ワールドカップ帰国後の成田空港でもメガネ姿で国民は「おっ?!」としたと思います。

ただ、ほとんどの人が試合しか見ないので、メガネをかけている印象はほぼ皆無ですよね。

ちまたで話題になっているメガネ姿ですが、

意外に「エモい」「かわいい」「なんか似合っている」と非常に評判は高いです。

さらに、メディアに出ることは少ないためかメガネ姿の動画はほぼありませんが、

THE ROLAND SHOW【公式】でローランドさんと対談をしています。

 白のニットに黒パンツと白スニーカーに黒縁メガネで動くメガネ姿を披露しています。

出典先:(29) サッカーW杯代表・前田大然、帰国後の本音を聞きました。 – YouTube

動画では落ち着いた話し方をしていますが、

やはり近寄りがたい雰囲気はありますね。

 

前田大然「子煩悩な一面と・・・」

前田選手には、女の子「爽世ちゃん」と男の子「天成くん」の2人の子どもがいます。

たびたび顔出しで登場しては、子どもや妻への感謝の言葉を綴っています。

ローランドさんとの動画にも、天成くんが登場するシーンもあり撮影現場にも子どもを連れていく溺愛ぶりが分かります。

こんな可愛い投稿も!

ゴールパフォーマンス

有名なアンパンマンポーズのゴールパフォーマンスに関して、

スコットランドの現地メディアに理由を聞かれた際はこのように話していました!

「アンパンマンのアニメを娘と見ていたら、娘がアンパンマンと同じことをするんですけど、これが可愛いと思ったんです。
そこで自分がゴールを決めたときに、娘のためにこのパフォーマンスをすることにしたんです」
出典先: エキサイトニュース

今後は、スコットランドでもアンパンマンは有名になっていくでしょう。

本音もチラホラ

ワールドカップ後は短期間の日本滞在でしたが、メディアや個人的なプライベートの時間はほとんど取らず家族と過ごしています。

まだ、若干25歳ですが、妻と子どもへ全ての愛情を注いでいる真面目な父親です!

ただし、動画内では周りを気にしながら「遊びたい部分もやっぱり・・・」と本音も呟いているシーンもあります・・・。

そんな本音を周囲に配慮しながら言える前田選手にも好感が持てますよね!

 

復活と挫折の男!

実家はお寺と思えるような名前ですが、実は両親は動物病院経営で大自然に因んでつけられた名前です。

5人兄弟で全員自然に因んだ名前がつけられています。

 若干25歳でスコットランドの名門セルティックでエースに!

ワールドカップでベスト16に進出した日本代表の先発メンバー、

そして決勝トーナメントでは自身ワールドカップ初得点と順風満帆なサッカー人生に思えるようですが、

日本人のプロサッカー選手の中でも有数の苦労人と言われている過去があります。

複数クラブを渡り歩くプロ生活

プロ生活ですが、複数クラブを渡り歩いているとともに、

日本-海外-日本-海外と海外クラブに移籍した後に日本クラブに帰ってきています!

もう1度海外クラブに移籍し活躍しているといったことは非常に珍しいケースです。

【在籍クラブ・出場試合・得点一覧】

年度 クラブ 出場 得点
2016 松本山雅 10 1
2017 水戸ホーリーホック 36 13
2018-2019 松本山雅 47 9
2019-2020 マリティモ 24 4
2020-2021 横浜FM 65 26
2021-2023 セルティック 20 7

 

松本山雅1回目では、開幕戦に出場したが高校ルーキーということもあり9試合の出場にとどまり水戸ホーリーホックにレンタル移籍そこでブレークし、

松本山雅2回目に戻るが大けが(右前脛腓靭帯および右前距腓靭帯損傷)をしてしまいます。

しかし、そこから見事復活し日本代表へ初選出されるなど順調に活躍し、マリティモ(ポルトガル)に期限付き移籍。

 複数得点を取る活躍を見せたが、契約上の理由も含め日本へ帰国。

横浜FMではリーグ優勝に貢献し自身も得点王を獲得し、横浜FMで指導されていたポステコグルー監督のラブコールもあり

セルティック(スコットランド)へ移籍し大活躍している。

大きな挫折の高校生活

プロ生活だけでも、挫折と復活を繰り返していますが、

高校時代はさらに大きな挫折を経験しています。

大阪からサッカー留学で入学した山梨学院高等学校では、同級生への過度ないじりから

1年間の除籍処分となっています。

その際、大阪には帰らず山梨で一人暮らし

※実際は大阪の母親が週の半分山梨に来てくれて生活の面倒を見てもらっていたようです!

1年間毎朝ランニングとダッシュを欠かさず、学校へ早く登校し

自主的に掃除など献身的に奉仕活動を実施していました!

その結果、1年後サッカー部への復帰を認められ、関東プリンスリーグで得点王を獲得しました。

自分の過ちといえ、高校生活で1年間の除籍は大きな挫折になりますが、

その経験を自身の長所の粘り強さに変えて見事復活を果たした前田選手は、

挫折と復活の男と言えます。

ちなみに高校時代のあだ名は「プリウス」みたいです。




まとめ

今の日本のトッププレーヤーは、プライベートでは派手な遊びはせず、

競技や家庭を最優先する傾向が強いですね。

前田選手もそういった要素を多分に含んだ生活を送っていて

今後もっと大きなクラブで活躍する可能性を大いに感じます。

また粘り強い4年間を送り、かわいい子どもとともに大きく成長し

次回のワールドカップで鬼プレスを見せてほしいです!